NEUTRINO -NEURAL SINGING SYNTHESIZER – ver.0.5系アップデート

NEUTRINO -NEURAL SINGING SYNTHESIZER – ver.0.5系アップデート

最新Versionのダウンロード

下記のリンクより最新版がダウンロードできます。
NEUTRINO 最新Version置き場
NEUTRINO 各Version置き場

※ダウンロード容量削減のため、同梱されている歌声ライブラリはめろう(Merrow)のみに制限しております。
ナクモ・No.7(SEVEN)・東北イタコ・東北ずん子・東北きりたん・謡子・JSUTをご利用の際は、別途歌声ライブラリフォルダよりダウンロード・解凍・コピーを行ってください。

オンライン版のセットアップ手順はこちらの記事をご覧ください。
Linuxでのセットアップ手順はこちらの記事をご覧ください。

より詳細な内容、テクニック、NEUTRINO用エディタの情報など、こちらに分かりやすくまとまっております。もしよろしければご覧ください。
AI歌声合成ソフト「NEUTRINO」の使い方 2020秋
AIシンガー調声アイデア NEUTRINOで使えるテクニック
NEUTRINO用Editorが来た! マジ最強なので使い方解説する

Version.0.5系概要

主にv.1.0リリースに向けて品質の改善・機能面の向上を進めて行くバージョンとなります。
v.0.100~0.320は基本機能を順次実装していくαテスト版、v.0.400~v.0431は歌声ライブラリの数を増やしていくβテスト版という位置づけでしたが、v.0.5系はv.1.0及びGUIリリースに向けて改良・変更を行っていくバージョンになります。

Windows版の一部機能(GPUによる高速レンダリング、NSFによる合成)をご利用いただくには【NVIDIA製のGPU(3GB以上のGPUメモリを推奨)】が必要です。ご利用の前にNVIDIAのドライバーを最新のものへアップデートをしてください。
※参考:アップデート方法はこちら
PCゲーム・グラフィックス用途など普通のGPUとしても問題無くご利用いただけますのでご安心ください。

オンライン版ではNEUTRINOの全機能をご利用いただけます。ウェブブラウザ上で動作が完結するため、 NVIDIA製のGPUも不要でスマートフォンからでも動作します。
オンライン版のセットアップ手順はこちらの記事をご覧ください。

備考

  • NEUTRINO調声支援ツールについて
    sig様製作のNEUTRINO調声支援ツールはタイミング・ピッチなどの編集が可能なツールですが、デフォルトの状態では「KIRITAN」「YOKO」「KIRITAN_FAST」以外の歌声ライブラリで利用することができません。
    modelフォルダの名前を変更することでめろう・東北イタコなどの歌声ライブラリでも調整支援ツールを利用することが可能です。
    具体的には、modelフォルダの”ITAKO”を”KIRITAN” or “YOKO” or “KIRITAN_FAST”に変更し、調整支援ツール側で”KIRITAN” or “YOKO” or “KIRITAN_FAST”を選択することで動作します。 是非お試しください。
  • スタイルシフトオプションについて(v.0.320~)
    「キー変更+ピッチ変更ガチャ」と呼ばれるテクニックを行う上級者向けのオプションになります。楽譜全体をNキー上げて打ち込み、ピッチ変更機能でNキー分下げるような処理を行います。
    AIシンガー調声アイデア NEUTRINOで使えるテクニック

    Run.batに”StyleShift”という項目が追加されていますので、-5~5ぐらいの値(整数)に設定してお試しください。例えば、”2″に設定すると2個上のキーの歌い方、”-2″にすると2個下のキーの歌い方になります。

    得意な音域の歌い方にしたり、低いキーの落ち着いた歌い方を出すことができます。
    “StyleShift=-1”, “StyleShift=0”, “StyleShift=1″のように三パターンを出力し、それぞれの良い部分をピックアップすることで複数Takeを録ったような流れにすることもできます。ぜひお試しください。
  • NEUTRINO(GPU)について(v.0.300~)
    複数枚のGPUでのレンダリングにも対応しており、複数枚の場合は最速で実時間の数十分の1の時間で合成が完了します。

    基本設定はマルチGPU設定になっております。NEUTRINOのオプション(-m)をシングルGPU(-g)に変更することで搭載している中で最も処理能力の高いGPU1枚が自動選択されます。もし複数枚GPUでの処理が上手くいかない場合はこちらをお試しください。

    NVIDIA製のGPUが見つからない場合、「CPUモードで実行します」というようなメッセージと共にCPUでの処理に自動で移行します。メッセージを表示したくない場合は、オプション(-m)を外してください。

    オプション(-m)を外し、オプション(-c)を加えることで強制的にCPUモードで動作させることができます。 GPU関連で何らかの問題が発生した場合にお試しください。
  • NSFについて(v.0.200~)
    NSFを使わない場合は、Run.batのNSFの行をコメントアウト(”:”を先頭に付ける)してください。 NVIDIA製のGPUが無い場合も同様にNSFの行をコメントアウトしてください。

    複数のGPUが刺さっている場合は、NSF/Run.bat内の”set CURRENNT_CUDA_DEVICE=0″を変えることでGPUを選択できます。 お使いのGPUの番号に合わせて設定してください。

    GPUのメモリ使用量は、楽譜中のフレーズの長さに依存します。 休符またはブレス記号で囲まれた区間が1フレーズで、1秒辺り100MBほど使用します。 例えば15秒のフレーズがあると1.5GBほど使用する計算となり、GPUメモリが2GBだと動作しない可能性がありますのでご注意ください。

    Version.0.500においては、息成分が多い歌声ライブラリ(めろう・ナクモ・東北ずん子・JSUT)とNSF版の相性はあまり良くありません。上記ライブラリに関してはWORLD版の利用を推奨しております。

macOS版のGPUサポートについて

macOS版のGPUサポート及びNSF移植は現在保留中です。
Mac M1チップなど新世代のCPU・GPUへの過渡期であることもあり、しばらく様子をみております。
オンライン版で全機能を動かすことができますので、もしよろしければそちらをご利用ください。

Version.0.500βアップデート内容(2021/10/01)

  • 歌声ライブラリのモデルを新しい方式に変更しました。
  • 各種モデルのアップデートを行いました。(全ての歌声ライブラリ)
  • 各種ノイズを緩和しました。
  • 実行時にNEUTRINO本体のバージョン、歌声ライブラリのバージョンを表示するようにいたしました。
  • ※上記に伴いVersion.0.431以前のモデルとの互換性は無くなりました。v0.431以前のモデルをご利用になる際は本体バージョンがv.0.431の物をご利用ください。

FANBOX

PIXIV FANBOXにて日頃の製作の進捗などを投稿しております。
いただいた支援金は、活動費・機器購入費・収録関連費に充てさせていただきます。
もしよろしければこちらからご支援よろしくお願いいたします。

追伸

不具合・バグをご報告いただきました方々に感謝いたします。
引き続きご支援、ご助力頂けますよう心よりお願い申し上げます。